資金を有効活用して利益を狙う

信用取引の一番のメリットはレバレッジ効果であり、資金効率を上げられる仕組みは投資効率を高めてくれると言えるでしょう。証券会社の口座を開設するだけでは、預け入れた金額の範囲内でしか株式の売買ができないのですが、信用取引の口座も開設すると、預け入れた金額の3倍の範囲で株式を売買することが可能になります。100万円の資金で100万円までの株式しか買えなかったところが、信用取引の口座を開設するだけで、300万円までの株式を売買することが出来るのです。 このレバレッジ効果のおかげで、利益が狙える幅についても連動して3倍くらいの効率が期待出来るようになりますので、投資できる機会も増え、効率的に利益を狙えるようになるのです。

預金も信用取引の余力になる

信用取引を活用すると、証券会社に預け入れている資金の3倍の金額で運用が可能になりますが、リスクについても3倍になりますので、資金の配分についてもより一層注意しておくことが重要になります。特に、信用取引で株式を購入した場合、予想に反して損失が発生してしまった場合は、預け入れている金額ではポジションを維持できなくなり、追加で資金を預け入れる必要が出てくるケースがあります。 これは、追加証拠金と呼ばれており、損失額に対して必要な資金割合を下回った場合に追加証拠金を預け入れることが出来なかった場合は、強制的にポジションを決済されてしまいます。 証券会社の中には、グループの銀行に口座を持っていると、信用取引の余力として認められるサービスを提供している会社もありますので、銀行の預金も活用しながら、効率的に信用取引が出来ることも可能です。このような証券会社特有のサービスを利用して、余裕資金と預金を有効活用できるのも信用取引の醍醐味と言えるでしょう。