ハイリターンな信用取引の前に知っておくべきこと!

株取引を始めてからしばらくして取引回数も資産も着実に増えてくると、信用取引を勧められるかもしれません。これは、証券会社によって差はありますが預けている資金の数倍の取引ができるということです。もっと資金があれば、あの時もっと利益がでたはずなのに、と悔しい思いをした経験はありますでしょうか。信用取引であれば、こういうときに確実に利益が出せるというわけです。 しかし、ただ美味しいだけではありません。高いリターンには当然同程度のリスクも付きまといます。利益が数倍なら、損益も数倍ということですね。普段の取引よりも値動きの判断を数段シビアにしなくてはならないということです。また、6ヶ月で精算をする必要があるため、長期保有には向きません。値下がりしてしまったが、もう少しで値上がりの動きが起きそうという時でも精算しなければなりません。

借りたもの、ということを忘れてはいけません

信用取引とは、証券会社から買いの時はお金を、売りの時は株式を借りて取引をしているということです。前述の精算期限についても、このため設けられているルールとなります。また、借りたもので取引を行いますから、通常の取引とは違って資金割れを起こすということも知っておかなければなりません。例えば、資金が100万円で3倍の300万の取引をし、200万の損益を出せば返済する200万と併せて400万円が必要になります。この場合、損益が最小限に納まるようにと証券会社が自動的に決済をしてしまうため、やはり後に上がるはずだったというのは通用しません。 リスクを知って、その上での慎重に取引が必要である。ということだけは安易に手を出す前に覚えておかなければなりません。