なぜ『信用』取引なのか?

信用取引について理解するためには、名前についている『信用』という言葉に注目することが大切です。『信用』という言葉は決して飾りではありません。信用が必要な取引だからこそ、信用取引と呼ばれています。 では、なぜ取引に信用が必要となるのでしょうか。信用が求められる理由が、多額のお金が関わる取引だからです。信用取引では、自分が持っている資金よりも多額の取引が可能です。100万円しか資金がなくても、信用取引であれば200万など自己資金以上の額の取引ができます。式に帖の額は証券会社から借りることになるので、証券会社からの信用が必要です。当たり前の話ですが、信用できない相手にお金を貸すということはまずありません。

リスクは高いがチャンスもある

信用取引について考える場合には、通常の株取引との違いを知っておくことも大切です。証券会社からお金が借りられるかどうかの違いと思っている人もいますが、そのようなことはありません。実は、通常の株取引とは異なる形で儲けを出すことも可能です。 通常の株取引にはない信用取引の稼ぎ方の一つが、空売りです。空売りのシステムを利用すれば、株価が下がった時でも儲けを出すことが可能です。空売りのような信用取引ならではの特徴をマスターしていれば、信用取引は大きな儲けのチャンスが待っています。ですが、仕組みを理解していないと大損してしまう可能性も秘めています。軽い気持ちで手を出すのではなく、信用取引を行うなら知識と経験が大切です。